オーバースペック(過剰な性能)


当店で取扱うアルマダの商品

電子トリートメント、M3.5などありますが、

t02200700_0758241113261363183

アルマダの社長が、こだわっている商品のベースとなる水の事について、の記事がありますので

以下転載

オーバースペック

うちの商品のベースとなる水の事についてです。

「化粧品にそこまで、必要あるのか?」

と、聞かれると、答えに窮してしまいます。

普通、使用されませんのでね。

化粧品で、この超純水を使っているところってのは

そうそうありません。 たぶん、殆どないでしょう。

では、どんな業界で使用されているのか?

この超純水は、医療品製造とか、半導体業界とか、原子力発電とか

何かちょっとのことでも、大事になる業界です。

化粧品のような業界には、まず使われない。

それほど圧倒的にコストが高いのです。

しかし、私は

「コストを度外視しても使う」

と導入を決めました。

もちろん、「圧倒的な品質」の為ではありますが、

圧倒的な品質で、他を寄せ付けないぞ。

という私の「意地」が大きいのです。

さて、どれくらい、一般的な水と

差があるのでしょうか?

例えば、水道水。

50mプールに、ドラム缶数本分の不純物が溶けております。

塩素だとか、カルシウムだとか。

数本分って、結構ありますよね。

それをまあ、口に入れる、つまり料理などに使っておるのは

怖い気がいたしますけども、それでもまあ、

世間一般では常識として許されております。

こういう水を、料理、洗濯、入浴に使用しているわけです。

さて、次。

化粧品で、使用する水となると、

「純水」「蒸留水」「精製水」「脱塩水」

といわれるレベルの水です。

化粧品や、化学製品製造に使われています。

他、飲料の原料や、精密機械の洗浄、理科学実験などに使われております。

50mプールに、角砂糖1個分の不純物が溶けております。

ドラム缶数本から、角砂糖1個になったのですから、不純物は

ずいぶん減らしたと、わかって頂けると思います。

これが、弊社の製品 M3.4 の世代まで使われておりました。

で、その上が

「超純水」

なんと、不純物は、東京ドームに角砂糖1個というレベルです。

で、このような特別な水を、なぜ使用するのか?

それは、詳しくは言いたくないのですが、

導入するか否かを決める際、

比較実験をしたところ、すべて純水よりもいい結果が出たからなんです。

要は、「溶かし込むパワー」が普通の純水とは桁違いなのです。

海洋深層水との相性、植物から抽出したミネラルが

超純水に溶け、化粧品としての作用を発揮するのです。

そんじょそこらの、怪しい「みずもの」と一緒にして頂きたくないものです。

以上、ここまで!

ここまでのこだわりと、意地で開発された商品だから、

やはり仕上がりが抜群なんですね!

なので、

私もとても気に入っております。

というか、アルマダの商品があるから、

独立してお店を出しました。

気に入っておりますどころではないですね。

当店は、基本アルマダの商品しか置いておりません。

これ以上に良い物って、本当にみつかりません!


ページの先頭へ